MENU

元彼への誕生日メールは復縁のきっかけになり得る

もうすぐ元彼の誕生日!大好きだった人の誕生日ってずっと忘れられないですよね。

 

「おめでとうメールを送るのはアリかな・・・」「別れた元カノからそんなメールが来たらびっくりするかな・・・」と誕生日の前に悶々と携帯片手に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

そんな風にお悩みの方に、ずばりお伝えしたいのですが、元彼に誕生日おめでとうメールを送るのは「アリ」です。むしろ復縁のきっかけになり得ることもあるんです。その理由や送る時のポイントを今回はお伝えしていこうと思います。

 

誕生日におめでとうと言われて嫌な人はいない

まず初めに、誕生日におめでとうと言われて嫌な人はいないので、安心してください。

 

あなただって誰かに「誕生日おめでとう」と言われて、嫌な気分にはならないはずです。

 

そして、誕生日を祝う文面であれば、返事にこまる内容でもないので、きっと彼も返事を返してくれるはずです。

 

これをきっかけにもう一度彼と繋がりたいですよね。復縁を願う人であれば、誕生日はまさに絶好のチャンスと言えるでしょう。

 

しかし、そのためには、文面の工夫が少し必要になってきます。

 

どんな文面にすべき?

「誕生日おめでとう!」とシンプルに送ってしまうと、きっと向こうも「ありがとう!」とシンプルに返してくるでしょう。

 

それだけでは会話が続かないので、なにかおめでとう以外の言葉も付け加えて送るようにしましょう。

 

「もう○歳だね!笑」と少しふざけた言葉を付け加えて返しやすいオーラを作ったり、「最近何してる?」と返しやすい質問を付け加えてみるのもいいと思います。

 

自分のことを最初からつらつらと書いてしまうと、「これが言いたいから連絡してきたのかな」と思わせてしまいかねないので、相手から質問されるまで自分の話をするのは少し待ってみる方がいいかもしれません。

 

誕生日メールを送る際の注意点

注意したいのは、「返しにくいな・・・」と思わせてしまうような文面にしないことです。

 

「前の誕生日は二人でここに行ったね」とか「一緒に誕生日お祝いしたかったな」などと送ってしまうと、正直なんて返していいかわからず、最悪の場合返事が返ってこないままブロックされてしまう可能性もあります。

 

別れ方にもよりますが、一度別れるという決断をしてしまっている以上、あまり過去の話をするのはいい印象を与えないことが多いです。

 

メールを送るのは何時ごろがいい?

付き合っていたころのように、0時ぴったりになった瞬間に送ったりするのはNGです。相手に未練だったり、下心がバレてしまうので。

 

お勧めは誕生日の一日が終わろうとしている夜の22時ごろですね。ふと思い出したから送ってみたという感じが相手に伝わった方が、「わざわざ送った感」がないですもんね。

 

誕生日の次の日になってしまったとしても、それはそれで他の友達と被らないタイミングなので、会話が続きやすいかもしれません。

 

出来るだけ相手にはフランクな雰囲気が伝わるように意識してみましょう。


メニュー

このページの先頭へ